MENU
policy_02

体について

トリ・ドーシャ(3体質)について

アーユルヴェーダでは、人間の体質を3つの基本体質に分類し、その特徴に応じた生活指導や治療を行います。
3体質のうち2つが複合している方も多くいるので、一人ひとりに合わせて特徴を捉え、分析することも可能です。ここでは簡単に3体質の特徴と、体質に合ったライフスタイル・治療についてご紹介いたします。

ヴァータ(風)

ヴァータは自然でいうところの「風」の属性が当てはまります。
風は常に動き、軽く、素早いものです。
その特徴が心身の特徴として強く出ている人を、ヴァータ体質と呼びます。

身体の特徴やせている、乾燥肌、敏感、冷えやすい、スタミナがない、消化器が弱い
心の特徴社交的、フットワークが軽い、持続力がない、動揺しやすい
適した
生活スタイル
食事…消化力が弱いので、消化に良いものが基本。また食べ過ぎは厳禁。やせていて体力がないので、少量で高タンパク、高カロリーのものも良い。
運動…運動のし過ぎは厳禁。軽い運動で十分。
睡眠…睡眠状態が良くない人が多い。リラックスできる音楽やアロマなどを活用する。
入浴…乾燥しやすいのと冷えやすいので、ぬるめのお湯にじっくりと半身浴するのが良い。
適した治療乾燥しやすいのでオイルマッサージがピッタリ。
やせていて敏感なのでマッサージは優しく低刺激が良い。強い刺激は厳禁。
鍼灸は細い鍼を浅く低刺激で行う。主に消化器系に作用するツボを用いる。

ピッタ(火)

ピッタは自然でいうところの「火」が当てはまります。
火は熱性で上昇し、エネルギーとして用いられます。
その特徴が心身の特徴として強く出ている人を、ピッタ体質と呼びます。

身体の特徴筋肉質、色素が濃い、消化力が強い、皮膚炎など、炎症性の疾患にかかりやすい
心の特徴活動的、積極的、頭が良い、感情が激しい
適した
生活スタイル
食事…高カロリー、刺激物などを好むが、炎症になりやすくなるので控える。菜食ができると良い。動物性食品は控える。
運動…運動は得意で好む傾向にある。溜まりやすい熱も発散されるので良い。運動しないと熱の発散がうまくできず炎症になりやすい。
睡眠…エネルギッシュであまり寝なくても平気な人が多いが、寝ないと熱過多で炎症になりやすくなる。
入浴…熱いのが嫌いでシャワーを好む傾向にあるが、皮膚炎などになりやすい体質なので、皮膚代謝を活性化し清潔にする意味で入浴もたまにすると良い。
適した治療筋肉質で皮膚が厚いのでマッサージは強刺激を好む。筋肉を傷めない程度に行う。
鍼灸は細い鍼でやや刺激が強くても良い。皮膚に働きかけ熱を発散させる。
主に熱を下げる作用のツボを用いる。

カファ(水)

カファは自然でいうところの「水」が当てはまります。
水は冷やし下降し、物質を満たします。
その特徴が心身の特徴として強く出ている人を、カファ体質と呼びます。

身体の特徴ぽっちゃり体型、皮膚はきめ細かくみずみずしい、色白、冷えやすい
心の特徴ゆったりしている、あまり動揺しない、保守的、ぼーっとするのが好き
適した
生活スタイル
食事…太りやすいので高カロリーなものは控える。冷えやすいので温かい料理が良い。スパイスも合っている。水が溜まりやすいことを考慮した飲食を。
運動…太りやすく、筋肉が少なく、冷えやすいので、たくさん運動するのがオススメ。
睡眠…良く寝るので、寝過ぎないようにする。
入浴…冷えやすくむくみやすいので、代謝を良くする意味でもシャワーより入浴するのが良い。
適した治療ぽっちゃり体型なのでマッサージはしっかり圧をいれなくてはいけない。
鍼灸はやや太い鍼(太いといっても直径0.2mmくらい)で行う。代謝を良くする。主に水分代謝を良くするツボを用いる。

こちらも合わせてお読みください

複合体質について

ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カファ(水)の3体質のうち2つ以上を持ち合わせた体質者について

© 2017 恵はり灸院 なびこ