MENU
price_02

生理痛

生理痛は腰または下腹部が重苦しく痛み、人によってはその痛みが強烈で生活に支障が出る方もおられます。
東洋医学では血の巡りに障害が出ている場合に生理痛が起こりやすいとされているので、血の運行を主る臓腑経絡を鍼灸で整えていきます。
週1回など、定期的な間隔で施術を継続することで、改善される方が多いです。

生理痛への施術

1. 問診により、生理痛の起こりやすい原因や現在の状態を確かめます。

生活習慣の中で、生理痛を起しやすくしているものがあります。
それを問診で確かめ、原因を確認していきます。

2. 血の運行を主る足厥陰肝経、足太陰脾経の重要なツボに鍼や灸をしていきます。

婦人科疾患に有効なツボが、上記2つの経脈に多く存在します。
実際そこに多くの反応が出ている場合が多いので、そこに鍼や灸をしていきます。
それだけでも下腹部や腰の痛みがスッと楽になる方が多いです。

3. 腰部の反応点に鍼または灸をしていきます。

腰部にも反応が多く現れている場合が多いです。
冷えている方が多いので、お灸も有効です。
状態を丁寧に診ながら整えていきます。

4. 再度足の重要なツボや、その他全身のツボの状態を確かめ、整えていきます。

もう一度重要なツボの状態を確かめ、仕上げをしていきます。

患者様のお声

生理痛からくる腰痛が良くなりました

R.Iさん(40代 女性)
生理前になると腰が痛くなり、いつも薬でコントロールしていました。
全身調整の治療を受ける中で、下肢のツボに鍼を打って頂いた際、スッと腰が楽になるのを感じました。
お陰様で、腰全体が重苦しい痛みがスッキリしました。

© 2017 恵はり灸院 なびこ